寅壱よりもカシオの株主になる方が簡単

寅壱とカシオを比較した場合、圧倒的にカシオのほうが規模が大きな会社となっています。
しかし、その一方で株を購入する場合には寅壱よりもカシオを購入するほうがずっと簡単であり、逆に規模の小さい寅壱のほうが難しいものとなってしまいます。
株を買うというのはその会社のオーナーになるということですから、規模の大きなカシオのほうが難しそうな気もしますがそうではありません。
その理由としてはカシオは株式市場の上場していて、誰でも自由に株の売買をすることができるので、簡単に購入をすることができるのです。
上場している企業の株というのは、市場の参加者誰でも自由に売買をすることができるので、売りたいという人を簡単に見つけることができますし、買いたいという人も簡単に見つけることができるのですぐに買うことも売ることもできます。
しかし、寅壱の場合には上場をしているわけではありませんから、買いたいと思っても売ってくれる人を探さなければなりません。
逆に売りたいと思っていても、買いたい人を見つけるところから始めなければならないので、売買をするには非常に手間がかかるものとなっています。
そのため、寅壱とカシオでは企業としての規模が大きくても、買いやすいのはカシオのほうが買いやすいものとなっているのです。
もう一つ覚えておきたいこととしては、上場していない企業というのはどれも規模の小さい企業かというとそのようなこともなく、非常に規模の大きな有名企業であっても上場することに意味が無いと判断をした場合には上場をしないということもあるので、上々をしていることと企業の大きさというのは必ずしも比例しないということを覚えておくと良いでしょう。