ストレートに言って、ネットでの株取引はギャンブルのようなものです。
というのも、ネット取引がスタートする前までは個別株式の注文状況を示す「板情報」は証券会社の従業員のみが知り得ることが許されたものでした。
わかりやすく言えば、今でも時々テレビで放映される証券取引所内での売買立会場での手サインでの株の売買シーンです。
それが全て電子化されてインターネットで誰もが個別銘柄の注文状況がリアルタイムで刻々と変化するところまでわかることになり、さらには複数のPCを同時に使えば、証券会社のトレーデイングセンターとほとんど変わらない株価分析のチャートが出せるようになったため、立会場の手サインでの売買では発注から注文執行まで5分以上掛かっていたものが、わずか1秒未満で執行出来るようになりました。
つまり、それまでは証券会社のみが知り得ることのできた板情報や株価分析のためのチャートなどがネット証券を活用する投資家すべてが同じ情報を活用できるようになったのです。
この影響で例えば、寄り付き直後に大口の買い注文が執行されて価格が大きく上昇すると、提灯と呼ばれる買い注文に追随する投資家や証券会社の自己売買部門からの買い注文も殺到。
その結果、市場が開いてから数分間で株価が大幅に上昇するようになります。
しかし、大口の買い注文を出してまとまった株数を購入した投資家は、急騰し続ける価格を見て、速やかに売り注文を出して利益を確定します。
そうなると提灯を付けていた投資家や証券会社の自己売買部門の運用担当者も一斉に売り注文を出します。
一転、価格は急降下する飛行機のように大きく下落することになるのです。
ほかにたとえて言うならババ引きゲームのようなものです。
よってネットでの株取引はギャンブルのようなものなのです。
そんなギャンブルのような株取引の世界で成功するためには失敗から学ぶ必要があります。
株価は上昇することもあれば下降することもあります。
それが自分自身の予想と合っているか外れているかで利益が出るかどうかが決まるのです。
株取引で失敗続きの人はそういった株価の予想が外れ続けているために起こるのです。
では、どうしたら株取引で利益を上げ成功させることができるのかという問題になります。
そこでご提案したいのは投資顧問というサービスを利用するという選択肢です。
投資顧問とは投資に関しての専門的な視点からのアドバイスを受けられるというものです。
もちろん株価の値動き予想もしてくれます。
有名なのは高山緑星こと前池英樹さんが代表をつとめる「新生ジャパン投資」という投資顧問です。
株の失敗は自身の判断能力が低いために起こります。
投資顧問はあなたにとって成功のカギとなりえる可能性を秘めているので、株で今までの失敗を取り戻したいと考えているならサービスの依頼をしてみることをお勧めします。

おすすめ記事